web予約
問診表
English-page(Kojimachi Dermatology Clinic)千代田区の皮膚科の麹町皮ふ科クリニック
舌下免疫療法
AGA男性型脱毛症
コラム
麹町皮ふ科クリニックロゴ

ドクター紹介
Staff

院長 廣幡 智子(ひろはた ともこ)

ご挨拶

医局人事により関西地方と中部地方の基幹病院に10年間勤務して培ってきた豊富な症例経験数による臨床経験をもとに、質の高い皮膚科診療を行い、この地域に貢献したいと考えています。

皮膚科一般を診療していますが、当院は、特に、アトピー性皮膚炎、尋常性ざ瘡、鶏眼の患者さんは多く、遠方からもお越し頂いています。わたしは、患者様ご自身が皮膚病への対処を、患者様が自らやれるように、病態から説明するなど心がけて診療しています。
慢性皮膚疾患の場合、スキンケア指導を入念に行います。定期的にチェックも行います。患者様の中には、これまで指導を受ける機会がなく、誤ったスキンケアを長年行ってきた方が少なくないのですが、スキンケア指導を行うことで、かなり良い状態にできると考えています。

渡航外来では、大学病院の渡航外来などを担当していた経験や、外務省医系技官として海外勤務をした経験から、近隣にご勤務の方々の海外赴任や海外出張の一助になればと思います。特に、皮膚疾患をお持ちの方は、海外赴任が決まったら渡航前に皮膚疾患のご相談でご来院いただければ幸いです。

オーストラリアのメルボルン大学病院やロイヤル・チルドレン・ホスピタルの皮膚科でオブザーバーをしていた経験から、皮膚科診療の英語対応を行っているため、外国人も多く受診されています。

どうぞよろしくお願いいたします。

廣幡 智子

 

経歴

佐賀大学医学部卒業後、1996年から京都大学医学部附属病院皮膚科研修医、独立行政法人国立病院機構京都医療センター皮膚科研修医として勤務後、1998年にオーストラリアのRoyal Melbourne HospitalやRoyal Children’s Hospitalの皮膚科でobserver。

1999年に帰国して、天理よろづ相談所病院皮膚科、倉敷中央病院皮膚科、大阪府済生会中津病院皮膚科、宇治武田病院皮膚科医長として勤務。

2007年から外務省医系技官、在ユジノサハリンスク日本国総領事館医務官としてロシア任務。2011年から東京医科大学病院渡航者医療センター兼任助教、渡航医学センター西新橋クリニック非常勤医師として、トラベルクリニックに勤務と同時に、みさと健和団地診療所皮膚科非常勤医師や、京成小岩皮膚科クリニック等の新穂会系列皮膚科クリニックの非常勤医師として勤務し、2013年に麹町皮ふ科クリニックを開業して同院院長に就任。

(麹町皮ふ科クリニック院長)

 

所属

日本皮膚科学会正会員
日本渡航医学会会員
日本美容皮膚科学会正会員
日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会正会員
日本抗加齢学会会員
千代田区医師会会員